2009年09月24日

温泉3

2009年9月5日

伊東わかつき別邸の朝食です。

DSCN3310.JPG

朝食も離れでいただきます。

VSCN3366.JPG

前夜に、おかゆか、白米か、十六穀米か聞かれ、親と共に十六穀米。

VSCN3364.JPG

鯵の開きか塩鮭か聞かれ、親と共に鯵の開き。
前夜の伊勢えびの殻は味噌汁に。

VSCN3367.JPG

美味しいおかずが並んでいるので、白米もおかわりしました。

DSCN3316.JPG

若槻礼次郎男爵が使用していた部屋には可愛い机がありました。

VSCN3363.JPG

コーヒーをいただく。
真ん中は灰皿。

DSCN3330.JPG

食後はお庭を散歩。

DSCN3324.JPG

VSCN3360.JPG

この部屋で二食いただきました。

DSCN3333.JPG

紅葉の季節はすごそう。
お会計は部屋に来てくれます。
割引券を使った宿泊代18,400円が2名とビールとワインで
計41,900円と満足度のわりにはリーズナブル。
わかつき別邸のネットの口コミが良いのがわかりました。
お世話になりました。

DSCN3337.JPG

川沿いに歩いて海に向かいます。
途中素敵な建物に出会い、今度入ってみたいな〜。

DSCN3341.JPG

20分ほど歩くと海です。

DSCN3342.JPG

さすが静岡、厳しい(私には)トレーニングをしています。

DSCN3345.JPG

伊東駅に向かう途中、海に面した干物屋さんが大繁盛。
「いかのくち」がたくさん干してありました。
串にさしてあるのは高いからと、500円の冷凍パック売りを母が買う。

DSCN3357.JPG

DSCN3346.JPG

伊東駅では運よく黒船電車に乗れました。

DSCN3347.JPG

かっこいい。

DSCN3348.JPG

座席が海側に向いていて、景色を楽しめます。

DSCN3351.JPG

日本って電線が多いな。
熱海で乗り換え、小田原からはロマンスカー。

VSCN3359.JPG

炙り金目と小鰺押し寿司1,300円。
酢がきいていて美味しいのよ。
ごちそうさまでした。
posted by やしがに at 12:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 東海・北陸・甲信越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック