2015年05月13日

あさひ鮨:仙台

2015年4月25日

P1220066.jpg

仙台駅に降りまして、すし通り。

P1220085.jpg

10時半前でも立ち食い寿司屋は行列でした。
私はホヤが食べれればどこでも良いので、

P1220078.jpg

先客1名の「あさひ鮨」さんに入店。

P1220077.jpg

カウンターの真ん中で大将に質問しながら、

P1220081.jpg

新緑も楽しめます。

P1220072.jpg

ホヤ刺し740円。
強い香りと甘み。
強いて言うなら新鮮な赤貝のヒモかしら。
大将にホヤに合う日本酒をみつくろってもらい、

P1220071.jpg

日高見という芳醇辛口純米960円。

P1220073.jpg

なみなみと注いでくれます。
ホヤ+日本酒でしっかり大人です。

P1220067.jpg

ランチの10貫1,540円は10貫も食べられないので、

P1220068.jpg

同じ値段でおまかせ5貫を握ってもらいました。

P1220075.jpg

カワハギ、中トロ、ヤリイカ、つぶ貝、穴子。

P1220076.jpg

ヤリイカはレモン塩がかかっています。
どれも美味しい〜。
東京でもこの値段を出せば、同じくらい美味しいのだろうか。

P1220080.jpg

あら汁も魚の出汁が濃い。

P1220082.jpg

メニューや寿司ネタのところに「バクライ」の文字が。
大将に訊くと、ホヤとコノワタ(ナマコの腸の塩辛)だそうです。
寿司だと、軍艦にするそうで、ご飯はいらず、その上だけ欲しいと無理な注文をしました。

P1220083.jpg

バクライ登場。
磯の香りと甘みがすごく、日本酒に合う!
お値段は軍艦の半分にしてくれました。

P1220079.jpg

他にも魅力的なメニューが満載。
計3,360円で、大満足なランチです。
帰りの11時半ごろは、寿司、牛タンのどの店も行列でした。
ごちそうさまでした。
posted by やしがに at 12:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道・東北 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック