2005年07月22日

わらしな(2回目):修善寺

2005年7月16日 夜

050716_1915.jpg050716_1914.jpg


昨夜に続いて、またまた来ちゃいました。
お目当てはもちろん1ヶ月かけて作るデミグラスソースのタンシチュー。

さっそくおかみさんにオーダーすると、
「タンが高くて割に合わないからない無い」と。
え?昨日の自慢は?
でもそうだった…仙台の「利久」でもタン塩8枚だか10枚だかがタン塩+味噌タンになっていた。

すっごく残念そうな顔をしていたら厨房のおっちゃんが
「デミグラスソースが食べたいならハンバーグでどう?」
食べる!食べる!
ついでに10日間煮込んだカレーもね。

ハンバーグはおっちゃんが言うとおり、ハンバーグにするにはもったいない良い牛肉を
つなぎ無しでこねて焼いた物。
旨い。
牛肉の香りとちょうどいい塩加減と甘さのあるデミグラスソースのコラボ。

カレーは豚ばら肉オンリーでそのお肉がとっても柔らかい。
脂身苦手な私でもこの脂身はすっきり甘くて
カレーの香辛料によって豚の美味しさを引き出している。

どちらも白飯に合い、また食べたい!

ハンバーグ+白飯 1,500円
カレーライス   1,000円

ついでに昨日はいなかった新たな連れのコに
大根の煮物の天ぷらをサービスしてくれました。
お料理と、店のお二人の優しさに満点です。
posted by やしがに at 10:12| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 東海・北陸・甲信越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鮎茶屋:大仁

2005年7月16日 昼

050716_1247.jpg

リーダーが作ってくれたごリストよりお昼ご飯のお店を探す。
昨日は、お寿司、そばを食べたのでそれ以外。
シーズンだから鮎を食べようと「鮎茶屋」に行きました。

川魚の美味しい塩焼きを食べたことが無く、ちょっと敬遠したいので
鮎釜飯にしました。
値段は多分1500円。
一人用のコンロが並び、固形燃料が燃え尽きるまで20分。
15分ほどで出汁の良い香りとが湯気とともにしてきたよ。

固形燃料が消えて、木のふたを取るとご飯の上に小さな鮎が3切れ。
三つ葉、しょうがの千切りを入れ、鮎をくずしながら混ぜ込む。
川魚特有の泥臭さ(良い意味でね)とお出汁の香りがまざって美味。
私的には薬味の三つ葉としょうがをもっと効かせたいところ。

おこげが旨かったな。
お味噌汁と山菜の煮物は普通。
大根、きゅうりの漬物が一番美味しかったかな〜。

狩野川で鮎(?)釣りしているたくさんのおっちゃんを思い浮かべました。
釣れるのかな?
posted by やしがに at 10:07| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 東海・北陸・甲信越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月20日

わらしな:修善寺

2005年7月15日 夜

夕飯を食べようと思ったら、行きたいお店のほとんどが20時くらいで閉まっちゃうのね。
もう18時半なので、行ける店といえば居酒屋兼そば屋。

修善寺近くのおそば屋さんに入りました。
おかみさんと旦那さん、二人でやってるのかな。

どのおそばにしようかと迷ってるとおかみさんが
「ざるそばを頼むとウチでしか食べられない天ぷらが食べられるよ」との事。
何の天ぷらと聞いても「出てくるまでのお楽しみ」
そんな事言われちゃあ頼むでしょ。
全員一致で「それ下さい!」


050715_2025.jpg

「全部味付いてるからそばつゆに付けないでね、
衣がはがれるから箸で割らないでね」との指示付き。
写真奥から大根の煮物。
噛むとちょうど良い塩加減の昆布のお出汁ぴゅっと口の中にあふれる。
みずみずしい大根の煮物にサラサラした目の細かい薄いの衣がよくあってる。

次はお豆腐をよく水切りして韓国の塩で味付けした物。
食べた最初は物足りないのに、噛んでゆくほど味わい深くなる。

そして干し椎茸の天ぷら。
どんこの濃い味がしみじみ美味しい。

そばは印象無いけれど、惣菜はいい仕事してるわ。
なぜか本職はカレーとデミグラスソースだそうな。
次回はそれを食べに行こう。
posted by やしがに at 18:15| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 東海・北陸・甲信越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

魚河岸丸天:沼津

2005年7月15日 昼

修善寺に行く途中、沼津ICで降りたので
せっかくだから漁港に寄ろうという事で、
やってきました丸天さん。

3年前のお昼に来た時は土曜日だったから
外まで行列だったけど、平日の14時ということもあって、
お客さんは4分の3くらいの入り。

050715_1404.jpg050715_1404.jpg

先輩二人は初めての来訪なので、とりあえず生しらすを注文。
透き通っててきれいなお魚は、口に入れると
釜揚げしらすで知っている香りにほろ苦さがプラスされて、
でもまぁ、「うん、しらすだな」って感じ。

近海握り寿司はネタが大きくて、
これで1,260円?ってお得感はあるものの、
大味で鮮烈な感動はない。

一人は同じ近海握り寿司。
もう一人はうにぶつ丼。
まぐろとうにととろろでご飯が大量。
二人とも「普通だね」と顔に書いてありました。

量はいりません。
もう大人ですから。
でもまた沼津に来たら入っちゃうだろうな。
posted by やしがに at 16:45| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 東海・北陸・甲信越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月06日

牛肉弁当:ワイドビュー南紀

2005年3月30日

名古屋から紀伊半島を南に下るワイドビュー南紀。
新宮までの3時間、長いなぁ…
と、松阪駅で受け取る予約制の牛肉弁当の申込の車内放送が流れた。

予約制!
そりゃ、申し込むよ。

松阪駅を過ぎ、わくわくして牛の顔したお弁当箱を手に取る。
顔のふたを開けると音センサーより「ふるさと」の音楽が奏でる。

余計な事しなくていいんだよね。
お弁当代1,260円のうち、音センサーはいくらなんだろうね。

V4010083.JPG

内容はご飯の上にすき焼き風の甘辛さにしょうがの味が効いた牛肉が
たっぷり。
枝豆の入ったさつま揚げがひとつ。
しば漬けと茎わかめ。

牛肉はやわらかくて、濃い味付けが自分好みだったんだけど、
最後は味が濃すぎるのと、牛肉の脂がしつこすぎるのとで
付け合せのしば漬けがかなりお役に立ちました。

先週、韓国で焼肉を食べたんだけど、
やっぱ牛肉は日本が一番だな。
posted by やしがに at 10:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 東海・北陸・甲信越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする